行間に託した想いを追い求めて・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 小林研一郎・大フィルのベト6&ベト7(2月5日ザ・シンフォニーホール)★★★★

<<   作成日時 : 2011/02/06 12:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪遠征2日目は、コバケンです。

画像


2011年2月5日(土)15時開演 ザ・シンフォニーホール
ベートーヴェン:交響曲 第6番 ヘ長調 作品68「田園」
ベートーヴェン:交響曲 第7番 イ長調 作品92
アンコール:ダニー・ボーイ
指揮:小林研一郎
大阪フィルハーモニー交響楽団


今日の2曲は、何度もコバケンで聴いていますが、
印象の異なる演奏でした。

コバケンの解釈のせいなのか、
オケのせいなのかは良く分かりません。

「田園」は、過度な表情付けはせずに、意外に穏やかな演奏でした。
第4楽章でも大嵐にはならず、やや音量を押さえた感じ。
第5楽章では、コバケンが祈りを捧げるような仕草で振っているのを
見て、目頭が熱くなりました。

今日の「田園」もありだなと思いました。
(今度のチェコフィルとのCDもこんな田園になるのでしょうか?)


ベト7は、まさにのタクトでした。
第3楽章、第4楽章は、コバケンはオケを煽りまくりました。
でも、第3楽章のある部分の煽り方が初めて聴いた
やり方だったので、新鮮な感動がありました。
これからもこんな風にするのかな?
第4楽章の躍動感・高揚感は、コバケンならではのもの。


終演後は、サインを貰って帰りました。
外にずらっと並んでいた私たちを見て、真っ先に
「そんな寒いところにいないで、中に入って下さい。」
とマエストロは仰りました。音楽も温かいですが、
ホント人柄も温かく優しい人ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小林研一郎・大フィルのベト6&ベト7(2月5日ザ・シンフォニーホール)★★★★ 行間に託した想いを追い求めて・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる