行間に託した想いを追い求めて・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS 大植英次・大フィルのブル9(2月20日サントリー)★★★★★

<<   作成日時 : 2011/02/21 13:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

関東では、なかなか聴けない大植。大フィルの東京定期を聴いてきました。

画像


2011年2月20日(日)14:00開演 サントリーホール
ショスタコーヴィチ/交響曲 第9番 変ホ長調 作品70
ブルックナー/交響曲 第9番 ニ短調
指揮:大植英次
大阪フィルハーモニー交響楽団



大フィルの東京定期は、ここ2年間は聴いており、これで3回目だ。

今日もたくさんの人が入っていたが、演奏中は咳をすることを
躊躇するほど、演奏中の会場は静かだった。皆、大植さんの
音楽を聴きたくて足を運んでいるのだろう。


先日、コバケン&大フィルの演奏を聴きに行ってきたばかりだが、
これが大フィルかと思うほど、充実した演奏だった。大阪の定期で
同じプログラムを2回こなしてきているからだろうか。


大植さんは、普段聴くことない早いテンポを取り、
ドキッとさせられる場面があったが、奇を衒うこともなく、
穏やかで落ち着いた演奏になった。


大植さんが振り終えると、会場は長い静寂に包まれた。
腕を降ろすと大拍手。
大植さん、目頭を押さえて涙ぐんでいた。

泣けた。

素晴らしい演奏会だった。
演奏の善し悪しも大事だけど、
演奏会って聴衆と一緒に作るものだなと
強く感じさせる演奏会だった。


大植さん、拍手を受けている時、
ぐる〜っと回りながら客席を指差すけど
ちょっと格好付けすぎ。


会場には、小澤征爾さんが聴きに来ていたようです。↓
大フィルブログ
http://osakaphil1947.blog66.fc2.com/blog-entry-129.html


大植英次、監督として最後となる来年は、「春祭」と「田園」を
やるそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
来年の東京公演は、田園とハルサイだそうです。
Rioranov
2011/02/25 12:10
来年のことは本文に書いてましたね。失礼しました。
大植さんは、4月にシベ2や巨人があります。
こちらも楽しみです。
Rioranov
2011/02/25 12:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
大植英次・大フィルのブル9(2月20日サントリー)★★★★★ 行間に託した想いを追い求めて・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる